マンション管理士年収アップは スキルアップで実現!

独立開業したマンション管理士が年収アップを実現する方法──それは、身に付けた専門知識を活かし、求められる業務を理解した上で、評価を受ける実績をあげること。そうすれば、契約で有利な条件を提示することが可能になります。仮に、マンション管理会社など企業に職属して働いているマンション管理士だったとしても、スキルアップすれば、手当が上がったり、能力給で評価されたりすることが考えられます。

マンション管理士試験に合格し、登録を終えれば「マンション管理士」の肩書が付きます。では、業務内容とはどのようなものでしょうか? 概要になりますが、次のような業務が挙げられます。「マンション 管理組合の運営や大規模な修繕などを含む建物構造上の技術的問題の検証、あるいはマンションの維持・管理に関する相談を受け、適切なアドバイスを行うのがマンション管理士」。マンションの維持・管理については、管理組合や管理者、または区分所有者などから相談を受けることになり、それぞれの立場を尊重しなければなりません(ただし、マンション管理士資格の成り立ちとしては、管理組合などへのアドバイスを狙いとしています)。

簡単に言えば、「マンション管理のプロフェッショナル」。企業に勤める場合は、その企業に託された業務内容を忠実にこなす必要がありますが、独立開業して頑張っている場合は少し趣が違ってきます。マンション側の管理組合とマンションの管理を行う管理会社との間に立つ第三者としてのスタンスが重視され、コンサルティング業務をこなすのが主な役目になります。管理組合の立場に寄った形でマンション管理に関するさまざまな課題や問題点の解決を図らなければならないのです。

マンション管理士として業務に精通し、さまざまなケースを想定してコンサルティングができるよう、常にスキルアップしなければ信頼は得られません。どんな仕事にも共通することですが、“プロフェッショナル”として認められるように専門知識とスキルを磨いていけば、マンション管理士として年収のアップは確実。フォーサイトの通信講座で合格を目指しましょう!

マンション管理士試験対策教材ならフォーサイトがお奨め!!